- Blog記事一覧

Blog記事一覧

🎾テニス肘 🎾

2018.06.02 | Category: 肘痛

連日テニスの話題がテレビに放映されますが、
通称テニス肘と呼ばれるものがある事をご存知ですか?

正式名称は外側上顆炎というものです。

人間が直立した状態で力を抜いて腕を下ろした時、
掌が前を向くようにして腕を下ろす事で解剖学的に基準となる立位となります。
この解剖学的な立位(解剖学的正位と呼びますが)の状態の肘を
身体から見て外側・内側で分ける事が出来るのです。

(身体から見て)肘の外側に外側上顆と呼ばれる骨の突起があります。

筋肉は骨の真ん中やツルツルした面にいきなり付くことが出来ず、
骨の端の方やザラザラした面、突起面に付きます。

運動等により筋肉が動く時に筋肉が骨を引っ張るのですが、
骨のなかでも突起部分が一番負担がかかるのです。

テニスではバックハンドで打つ時にボールがラケットに当り肘を曲げようとする力と
それに抵抗してボールを押し返すように肘を伸ばそうとする力が外側上顆にかかり
炎症を起こします。

テニスで発生しやすいのでテニス肘とも呼ばれますが、
普段の生活でも腕の使い方次第では
外側上顆にも負担をかけて炎症起こします。

年齢とともに発症率が増えますが、
普段から重たい荷物を持って歩く時間が長かったり、
ペットボトルのふたをひねるような動作
タオルを絞るような動作が多い人はその症状が出やすくなります。

運動されていない方でも出てしまうのがテニス肘です。

「繰り返し行う」動作はトレーニング等で狙って行っているわけでなければ
身体には負担となり何らかの症状として現れます。

普段使うところだから症状が出やすいのですが、
普段使うところだからこそ使わないように安静にすることが難しく、
痛みの無い状態に戻すのが大変なのです。

症状が出たとしても初期の段階で対応することで
早い内に元の状態に戻すことが出来ます。

時間が経てば経つほど長期化します。

もし普段と同じ生活を送っていて
肘に違和感を覚えたらまずはお気軽にご相談下さい。

その肘の痛みはもしかしらたテニス肘かも?

当院は完全予約制ですので
事前予約をお願いします。

💻キーパンチャー症候群とは⁉️💻

2018.05.28 | Category: 姿勢

皆さんはパソコンに向き合う時間はどれくらいになりますでしょうか?

「毎日デスクワークです」って方も当院に多く来られてますが、
そんな方はキーパンチャー症候群になっている事が多いのです。

キーパンチャー症候群とは
タイピングを多くされている方に見られる症状で、
目や首肩・腕の疲労から指先に走る痛みや痺れ等の症状が出る事を言います。

症候群なのでコレと言った症状が決まっておらず、
似たような症状が出れば症候群になります。

タイピングでキーボードのキーを叩いている状態が長く続いた時に
筋肉に負担がかかるところに症状が出ればキーパンチャー症候群になります。

一般的に目・首肩に負担がかかります。

これは画面を見続ける事で目に負担をかけ、
画面を見るために頭を少し前に傾けるので首に負担がかかり、
さらに本来身体の側面に来るはずの腕が身体の前面によせられた状態で
指先にずっと負担がかかっているので肩に負担がかかります。

肩の辺りに負担が多くなると
肩周囲の筋肉が近くの神経・血管を圧迫しますので
腕が痛みを発したり痺れたり、
腕に血が行かなくて冷える感じが出ます。

もちろん首周りを含む肩の周囲は痛みや重い感じが出ます。

これらはただその周囲を揉むだけでは改善しません。

温めても効果が薄い事が多いです。

まずは症状が酷い人は仕事の負担を減らせるかになります。
もちろんそう簡単に仕事は減らせれませんので、
次に身体を動かす習慣を作れるかになります。

肩周囲だけでも動かす習慣がある人は症状の出かたが軽い事が多く、
ジョギング等で全身運動している方はさらに症状が軽いか、
症状自体が出ない事もあります。

しかし運動の習慣が無い方や続ける事が難しい方は
一度当院にご相談下さい。

当院では身体の状態だけでは無く、
毎日のトレーニング方法や普段の生活での注意点等も
指導しております。

もちろん
毎日のデスクワークで肩が前に来ている状態の方もご相談ください。

cure式整体で身体を自然な姿勢に戻します。

当院は完全予約制となってますのでご注意下さい。

✨ストレートネックの原因は⁉️✨

2018.05.22 | Category: 姿勢

最近「ストレートネック」って言葉を
当たり前のように使う方が増えてきました。

「私ストレートネックだから」と向こうから
簡単な説明をするようになってきました。

ところでなぜストレートネックになってしまうのでしょうか?

何が原因なのでしょうか?

そもそもストレートネックとは本来身体が持っている
背骨のS字カーブの一部である首の部分で
カーブが消失しストレートになっている状態の事であり、
骨の配列がストレートになっているかどうか、
確実なのはレントゲンなどですが、
外からは簡単にわかるものではありません。

そのストレートネックの原因は現代の生活に欠かせないスマホやPC作業です。

画面を見ようと頭を前に傾けて視線を落とさず
前を見るように顔を起こすとストレートネックが完成します。

ところがこのストレートネックは
すぐには何とかできないのが問題なのです。

長い時間をかけて頭の位置が前に来るように身体全体のバランスが出来てしまい、
それに合わせて全身の筋肉が色んな箇所で固まってしまっています。

その状態の首だけの筋肉を
少し治療しただけでは一時的にしかならず、
院から出る頃には元通りになってしまいます。

根本から元に戻すには
その人の生活習慣や全身の姿勢を見直し、
首周りだけでは無く、その周囲の筋肉も調整する必要があるのです。

もちろん個人である程度ストレッチ等も行っていただくのは良い事です。

しかし単純に頭を身体の上に来るようにして
「良い姿勢」を保とうとしても一度出来た姿勢は変わりにくいですし、
首を後ろに反らすストレッチを入れても
骨の配列がストレートになってしまったら
それも効果を成しません。

首に適切なカーブを与え
ストレートネックから元の状態には
当院のcure式整体をオススメしております。

自分だけでは中々難しい骨の適切なカーブは
その道のプロが何とかします。

事前連絡をお待ちしております。

当院完全予約制となってますので
事前連絡無くこられた場合、
お待ちいただく事があります。

たるみの原因は加齢だけではない⁉️

2018.05.16 | Category: 美容

美容鍼を担当しています河谷です🌟

今日は、患者様の中でも特に多いお悩み
「たるみ」
についてお話していきますね🌷

 

お肌のたるみはシワやホウレイ線につながり
見た目年齢が上がってしまいます😣💦
原因・要因を知り、日常生活からケアしましょう💡

 

✏ 原 因 ✏

①お肌の弾力低下
お肌のハリを整えるコラーゲン・エラスチンが減少・変形してしまう

②皮下脂肪の肥大化
年齢を重ねると代謝が低くなり、燃焼できない脂肪が重力で下へ落ちてしまう

③筋肉の質の低下
筋肉が衰え、皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなる
加齢により硬く固まると縮んでしまう為、皮膚が引っ張られてたるみになってしまう

 「シワ・たるみは筋肉のゆるみが原因」と思われがちですが、
実は筋肉が硬くなり縮んでることでできていることが検査(MRI)や治療でわかっています✨

 

✏ 要 因(原因を引き起こす元となるもの) ✏

◎乾燥・紫外線・ストレス

◎活性酸素
(体内で酸化し、コラーゲン等の細胞を老化させるもの)の過剰発生

◎喫煙
(ニコチンが血管を収縮し、皮膚に栄養が届きにくくなる事で大量の活性酸素を発生し、ビタミンを破壊する)
※ビタミンはコラーゲンの生成やメラニンを出にくくする働きがあります

◎睡眠不足・栄養不足

 

なぜ美容鍼がたるみにいいのでしょうか😊❔

①鍼を刺すことでお肌の組織内に微細なキズが付き
それを治すためにコラーゲンやエラスチンが増える

②筋肉にまで鍼が刺さることで、硬くなった筋肉を柔らかくする

③筋肉にアプローチすると血液循環が良くなり、代謝もUPする
(+α 美白効果もUP)

 

🎀 ポイント 🎀

コラーゲン(お肌のハリを保つバネの様なもの)
エラスチン(コラーゲン同士を繋いでいるもの)
この2つの細胞が増えることでお肌のハリが出やすくなります💡

筋肉に柔軟性が出ると新品の輪ゴムのように伸び縮みできるようになるので
元あった位置に筋肉が戻りやすくなります💡
(リフトアップ効果)

お顔の筋肉は日常生活で笑ったり食事をしたりするので
硬さを感じていなくてもどうしても硬くなってしまうんです😢

 

なので、お顔のマッサージや美容鍼などで
定期的にケアすることが予防となります!

美容鍼は筋肉の硬さだけでなく、
コラーゲンを体内で生成することも効果に含まれるので、
「シワ・たるみ」にはかなり効果的です!

また、当院ではお悩みに応じた食事指導もしております😋🍴

興味がある方は、一度美容鍼を受けてみて下さいね😊🎵

😵 目・首・肩の使いすぎはすぐ頭痛に変化 😵

2018.05.11 | Category: 頭痛

皆さんの中には頭痛で悩んでいる方もいるとは思いますが、
どのように対応されてますでしょうか?

・お薬を飲む

・頭のマッサージをする

等をされていると思うのですが、
実は頭痛は様々な原因があります。

色々不安な方は脳血管が原因で出ている可能性もございますので、
専門の医師に診てもらってください。

一度専門の医師の方に診てもらっていて
ストレスからきていますと言われた方や、
脳血管が原因では無いと言われた方等は当院にご相談下さい。

なぜなら首肩周辺の筋肉が原因で頭痛が出る事があるのです。

首肩周辺で筋肉が緊張しますと、神経の圧迫が生じますので、
脳に伝わる電気信号に異常をきたし
脳はそれを痛みとして捉えてしまい、
頭痛が発生します。

さらに昨今のスマホやPCの使いすぎ等で目を酷使した結果、
目の周囲の筋肉が固まりその筋肉の痛みが頭痛として認識されてしまう頭痛もあります。

ストレスが溜まる事で身体は交感神経優位(興奮状態)になり続け、
筋肉が緩まる事が無いまま過ごせば筋肉の過剰緊張は痛みへと変わりますから、
目・首・肩の使いすぎはすぐ頭痛に変化します。

リラックスできれば筋肉の緊張が解ける事で様々な症状が軽くなるのですが、
中々ストレス発散も出来ず、薬に頼る毎日の方もいらっしゃいます。

実は薬は身体にはストレスになっているので、
医師に処方されたものでなければ市販薬を飲み続けると
薬のストレス→頭痛→薬を服用→ストレスと悪循環に陥ります。

そんな時は当院のcure式整体を受けて、
姿勢バランスだけでは無く自律神経バランスも整えて、
筋肉と神経をリラックスさせて頭痛とおさらばしませんか?

ただ痛い所を揉む院ではございません。
痛い所を揉むだけですと、一時しのぎにしかなりませんし、
頭痛の根本的なところを見落としてしまったり、
隠れた危険な原因をそのままにしてしまいます。

事前に色々な事を聞きだし、
その人にあった方法を選択します。

姿勢を調整する事で頭痛につながるような負担を分散させる事も出来ますし、
日常生活の事を聞き、様々な観点から適切・的確なアドバイスを
行って少しでも症状が緩和するように日々努力しています。

当院は完全予約制ですので
事前予約をおねがいしております。

友だち追加

アクセス情報

所在地

〒555-0033
大阪府大阪市西淀川区姫島1-21-11 英光ビル1F

駐車場

姫島駅近辺のタイムズをご利用ください。
駐車サービス券をお渡しします。

休診日

日曜・祝祭日

予約について

当院は完全予約制となっております。
お電話又は公式ラインでご予約下さい。