鍼灸の基礎知識

口コミなどでも人気の高い東洋鍼灸や美容鍼灸は一体どのような施術を行うのかご存知でしょうか。


あまり知らずに怖いというイメージが先行してしまっているように思います。
そこで、鍼灸のことを深く知ってもらうために鍼灸の基礎知識についてご紹介いたします。

鍼灸とは

東洋医学の考えを元に身体の自然治癒力を高めるために行う施術で、非常に細かい鍼やもぐさを使ったお灸によって全身にある経穴(ツボ)に刺激を与えて身体のバランスを整えていきます。

鍼灸を受けることで症状が改善するというわけではなく、そのための健康的な身体作りのサポートをする施術なのです。

経絡とは

東洋医学では、全身に生命活動の源となるエネルギーの気が巡っていることで、健康的な状態を維持できるとされています。

その気が流れるルートは、身体を縦方向に貫きそこから細かく網目状に分かれていて、「経絡」と呼びます。


経絡の流れが滞ることで、身体に様々な不調をもたらしてしまいますので、鍼灸の施術を行ってその経絡で滞ってしまっている気の巡りをよくする必要があります。

経穴とは

経穴とは、いわゆるツボです。特に、筋と骨の間や関節の膨らんでいる部分に多く存在します。

このツボを鍼灸によって刺激することで経絡の流れがよくなり、身体に良い働きをもたらしてくれるのです。

ツボには大きく分けて2種類あり、主要になるツボとリモコンのような働きをするツボがあります。


・主要ツボ
例えば、肩に痛みが生じているときには肩にあるツボを刺激するというように、症状が出ている部分のツボをダイレクトに刺激することで早く効果を得られます。

・リモコンツボ
直接外から刺激を与えるのが難しい部分の不調ですと、神経を通じて遠隔操作でその部分に働きかけることができます。
特に手足にはリモコンツボは多く存在します。
この2種類のツボを利用して鍼灸の施術を行うことで身体が持っている力を引き出します。