- 交通事故

交通事故

  • 交通事故による症状で(痛み、だるさ、しびれ、むちうち等)整骨院へ通えます
  • 他の病院と併用、又は転院が可能です。患者様本人の意思で治療内容や通院先を選べます
  • 事故をして、数日後から出てきた症状も自賠責で通院できます
  • 患者様の負担金は0円です
  • 通院1日につき4200円の慰謝料が支払われます
  • 面倒で不安な保険会社とのやりとり・お手続きもサポートいたします
  • 交通事故に特化した弁護士をご紹介できます

交通事故後、このような対応をされていませんか?

  • 病院でレントゲンを撮ったが異常なしと言われた
  • 病院では湿布と痛み止め薬を渡されただけで終わった
  • 整形外科に行っても痛みが弱まらない
  • 保険会社からすぐに通院をやめるよう言われた

でも実際はこのようなことで困っていませんか?

  • 骨には異常なしと言われたが体がだる重い
  • 天候の変化や気温、湿度の変化によって体が辛い
  • 夕方や朝方に痛む、シビレる
  • 仕事や車の運転中に集中力がなくなる
  • 頭痛・だるさ・無気力感・全身の疲労感・不眠などを感じる
  • 症状が良くなったり悪くなったり、なかなか改善されない

cureでは今まで多くの交通事故患者様を治療してきました。

患者様の怪我の治療を一番に考えておりますので、どんな状況でも結構ですのでご来院下さい。
患者様の交通事故の状況や怪我や痛みのお話をよく伺い、それぞれ状態に合わせて丁寧に治療し、症状を改善致します。

事故後から時間が経ってしまった方の後遺症治療(リハビリ)も、ぜひ一度ご相談ください。

交通事故治療を受ける前の準備

1. 警察へ交通事故の届け出

加害者はもちろん、被害者から届け出ることが必要です。(特に怪我を負った場合は「人身扱い」の届け出が重要です)
また、仮渡金の請求などで必要となるので、早めに自動車安全運転センターへ、交通事故証明書の交付を依頼します。

2. 相手(加害者)の情報を収集

相手方の氏名、住所、連絡先、車の登録ナンバー、自賠責保険(共済)、自動車の会社(組合)名、証明書番号、勤務先や雇主の住所・氏名・連絡先(※業務中であれば運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)

3. 現場での目撃者を確保

万が一、相手方とトラブルになった際などは第三者の意見は効果があるため、通行人など交通事故の目撃者がいれば協力を得て、証言をメモしましょう。
氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうよう、依頼しておきましょう。

4. 現場の記録

事故のショックも加わり、事故当時の記憶は薄れることがあるため、できるなら事故直後に現場の見取図や事故の経過、写真などの記録を残して置くことも重要です。
データとして賠償交渉終了時まで残しておけば安心です。

5. 病院にて医師の診断を受ける

交通事故の治療には医師の診断が必要です。
交通事故治療を受ける際に必要な「診断書」を発行してもらいましょう。

6. 保険会社へ当院での治療を希望する旨を伝える

保険会社より当院に、交通事故の治療以来の連絡が入り、治療開始となります。
(保険会社への連絡は当院での治療後でもかまいません。)

交通事故治療の流れ

1. お電話もしくは直接来院してください

交通事故によるむち打ち症はレントゲンに写らないことが多く、病院で「異常ありません」と診断されるケースが多いようです。
なぜなら病院は交通外傷の特別な治療を行っていないからです。
それに対し当院では、むち打ち症の原因である頸椎捻挫や外傷性頸部症候群の治療を専門で行っていきます。
手技療法や物療を通して、症状に合った治療を進めていきます。むち打ち症の治療は専門的な技術が必要で、
十分な治療をしないと、後遺症として残ってしまうケースも多々あります。そうならないためにも早期の治療が重要です。

2. 問診表にご記入ください

問診表では、・痛みの症状・事故に遭った日・医師の診断名・保険会社名などをご記入していただきます。
痛みがある箇所や症状など、できるかぎり詳しくご記入ください。
また、保険会社との手続きも当院が間に入って行いますので、患者様は治療に専念してください。

3. 問診・検査

4. 治療

交通事故の症状(むち打ち・頭痛・めまい・手のしびれ・肩の痛み・腰痛など)の施術を行います。

5. 通院

患者様と話し合い、適切な通院頻度・期間を決めていきましょう。

6. 治癒

人により個人差はありますが、回復には3〜6ヵ月程度かかります。
交通事故での怪我は通常では考えられない力が加わっていますので後遺症を残さないよう徹底した治療が必要です。

交通事故の慰謝料

交通事故によって、被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われます。
1日4,200円に【実治療日数】×2と【治療期間】の少ないほうの日数をかければ慰謝料が算定されます。

実治療日数

実際に治療を行った日数

治療期間

治療開始日から治療終了日までの日数

交通事故の休業損害費

治療期間中、労働できなかったことによる給料の損失分が補償されます。
自賠責保険基準では原則1日5,700円が支払われます。
また日額5,700円を超える収入があることを証明できる場合には、19,000円を上限に下記計算式による実費が支払われます。

給与所得者

過去3ヶ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
事故前3ヶ月の収入【基本給+付加給与(諸手当)】÷90日×認定休業日数(会社の証明を要します)

パート・アルバイト・日雇い労働者

日給×事故前3ヶ月間の就労日数÷認定休業日数(会社の証明を要します)

事業所得者

事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。

家事従事者

家事ができない場合は収入の減少とみなし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。


友だち追加

アクセス情報

所在地

〒555-0033
大阪府大阪市西淀川区姫島1-21-11 英光ビル1F

駐車場

姫島駅近辺のタイムズをご利用ください。
駐車サービス券をお渡しします。

休診日

日曜・祝祭日

予約について

当院は完全予約制となっております。
お電話又は公式ラインでご予約下さい。