- Blog記事一覧 -💻キーパンチャー症候群とは⁉️💻

💻キーパンチャー症候群とは⁉️💻

2018.05.28 | Category: 姿勢

皆さんはパソコンに向き合う時間はどれくらいになりますでしょうか?

「毎日デスクワークです」って方も当院に多く来られてますが、
そんな方はキーパンチャー症候群になっている事が多いのです。

キーパンチャー症候群とは
タイピングを多くされている方に見られる症状で、
目や首肩・腕の疲労から指先に走る痛みや痺れ等の症状が出る事を言います。

症候群なのでコレと言った症状が決まっておらず、
似たような症状が出れば症候群になります。

タイピングでキーボードのキーを叩いている状態が長く続いた時に
筋肉に負担がかかるところに症状が出ればキーパンチャー症候群になります。

一般的に目・首肩に負担がかかります。

これは画面を見続ける事で目に負担をかけ、
画面を見るために頭を少し前に傾けるので首に負担がかかり、
さらに本来身体の側面に来るはずの腕が身体の前面によせられた状態で
指先にずっと負担がかかっているので肩に負担がかかります。

肩の辺りに負担が多くなると
肩周囲の筋肉が近くの神経・血管を圧迫しますので
腕が痛みを発したり痺れたり、
腕に血が行かなくて冷える感じが出ます。

もちろん首周りを含む肩の周囲は痛みや重い感じが出ます。

これらはただその周囲を揉むだけでは改善しません。

温めても効果が薄い事が多いです。

まずは症状が酷い人は仕事の負担を減らせるかになります。
もちろんそう簡単に仕事は減らせれませんので、
次に身体を動かす習慣を作れるかになります。

肩周囲だけでも動かす習慣がある人は症状の出かたが軽い事が多く、
ジョギング等で全身運動している方はさらに症状が軽いか、
症状自体が出ない事もあります。

しかし運動の習慣が無い方や続ける事が難しい方は
一度当院にご相談下さい。

当院では身体の状態だけでは無く、
毎日のトレーニング方法や普段の生活での注意点等も
指導しております。

もちろん
毎日のデスクワークで肩が前に来ている状態の方もご相談ください。

cure式整体で身体を自然な姿勢に戻します。

当院は完全予約制となってますのでご注意下さい。


友だち追加

アクセス情報

所在地

〒555-0033
大阪府大阪市西淀川区姫島1-21-11 英光ビル1F

駐車場

姫島駅近辺のタイムズをご利用ください。
駐車サービス券をお渡しします。

休診日

日曜・祝祭日

予約について

当院は完全予約制となっております。
お電話又は公式ラインでご予約下さい。