- Blog記事一覧 -女性の宿敵⚡️生理痛😒

女性の宿敵⚡️生理痛😒

2018.09.25 | Category: 生理痛

最近女性の方から「夏の方が生理痛が酷いんだけど何か関係ありますか?」
と聞かれました。

もちろん関係あります。

そもそも生理痛は女性の子宮に形成された胎盤の元となる子宮内膜を
筋肉が収縮して体外に排出する際に発生する痛みですが、
筋肉の働きで痛みの度合いが変化します。

条件次第では痛みが悪化しますし、
もちろん完全無痛にすることは難しいですが、
ある程度痛みを緩和することは可能になります。

基本的に筋肉の収縮による部分が大きいので、
冷やすと痛みが強くなり、温めると緩和します。

夏の方が痛みが強くなりやすいのはそのためです。

身体は暑ければ冷やそうと、寒ければ温めようとします。

夏の身体はじっとしていても冷やそうとしますが、
そこに冷房があったり冷たい飲み物等で
身体の中も外も冷やすので、冬よりも身体が冷えているのです。

冷えると筋肉が固くなりますので、
子宮の筋肉も固くなり生理痛が強くなるのです。

夏だからこそ冷やし過ぎないように体調管理が必要になります。

行う事は冬場の冷え性対策と同じで

・お腹の周りを温める
・運動をする
・温かいものを摂取する

お腹の周りは無理に温めようとせず、
布一枚でも変わりますので何かお腹の周りに巻くか一枚羽織って
身体を冷やさないようにしてください。

また運動することで筋肉が付きますので
体温が上昇して身体が冷えにくくなります。
ストレッチ程度の簡単な運動でいいので行なってください。

夏で暑いからと生野菜のサラダですとか
冷たい飲み物等を摂取し続けると身体が冷えますので
温かいものを摂取してください。

これらの事で体温は上昇し、症状が緩和します。

それでも身体が冷えると感じる時は当院へご連絡下さい。

当院には鍼灸師が在籍しております。
様々な症状に対応出来ますので、なにかお悩みがあればご相談ください。

しっかりと事前説明したのちに安全に丁寧に行なっていきますのでご安心下さい。

当院は完全予約制ですので事前予約が必要となります。
事前に予約状況のご確認お願いします。


友だち追加

アクセス情報

所在地

〒555-0033
大阪府大阪市西淀川区姫島1-21-11 英光ビル1F

駐車場

姫島駅近辺のタイムズをご利用ください。
駐車サービス券をお渡しします。

休診日

日曜・祝祭日

予約について

当院は完全予約制となっております。
お電話又は公式ラインでご予約下さい。