- Blog記事一覧 -腰痛による身体のサイン

腰痛による身体のサイン

2018.03.17 | Category: 腰痛

三寒四温とは言いますが、今週も寒さがまた少し戻ってきました。

寒暖差があると身体に負担がかかることが多くなります。

今回も腰痛についての話です。

ウォーキングをされている方、もしくは運動を定期的に行っている方でも腰痛を発症する事があります。

よく腰痛を発症すると「運動不足だから」と言われがちです。

果たして本当にそうだと思いますか?

実際に、定期的にジムで運動をしている方でも腰痛で治療を受けに来る方はいらっしゃいます。

運動をしているから、痩せているから腰痛とは無縁というわけでもないようです。

腰痛を発症する方は体のサインに気づかない事が多いです。

そのサインにしっかり気づくことが必要です。

運動後の体の変化を確認することで限りなく腰痛を減らすことが出来ます。

今日はそんなメンテナンスのポイントを説明します。

体の左右の手足のバランスを確認する

靴の裏のすり減り具合やまっすぐ立った時の膝、肩の高さの位置を確認します。

まっすぐ立っているようで実はどちらかの足に体重が乗りすぎていたりします。

その人の運動種目によっても変わってきます。

例えば野球を小さい頃から高校までしていた人は利き腕が少し長くなったりします。

人の体は左右のバランスが取れていないとバランスを取ろうとします。

例えば右に体が傾けば左の腰部に力が入ります。

それが続くと左の腰痛が出てきます。

セルフトレーニングの方法

壁に背をつけた状態で手を頭の上で合わせること(合掌)が出来ますか?

 

 

腰痛がある方は肩甲骨回りも硬くなることがあります。

腰が痛いから腰を伸ばすのではなく体全体の調整が必要です。

<トレーニング前のストレッチ>

仰向けになり右を向きます。

両手は右側に伸ばし両足は左側へ伸ばします。

大事なポイントは深呼吸をしながらゆっくり行ってください。

10秒~15秒伸ばしたら顔は左に向き直し、両手は左側に伸ばし両足は右側へ伸ばします。

これを左右5回ほどを目安に行います。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

友だち追加

アクセス情報

所在地

〒555-0033
大阪府大阪市西淀川区姫島1-21-11 英光ビル1F

駐車場

姫島駅近辺のタイムズをご利用ください。
駐車サービス券をお渡しします。

休診日

日曜・祝祭日

予約について

当院は完全予約制となっております。
お電話又は公式ラインでご予約下さい。