- Blog記事一覧 -腰痛のセルフストレッチ

腰痛のセルフストレッチ

2018.03.24 | Category: 腰痛

温かくなってきました。

毎年この時期は桜の開花が楽しみです。

今日は腰痛のセルフストレッチについて書かせていただきます。

以下の症状でお困りの方はいませんか?

・慢性的な腰痛に悩まされている。

・ずっと同じ姿勢を取っていると腰が痛くなる。

・朝起きた時に腰が重い

腰痛はその人の生活習慣が直結すると言われています。そして慢性的に腰痛が起きている方で、仕事はなんとか行えているという方。我慢して生活している方はそのままの生活を続けると俗にいう“ぎっくり腰”になる可能性があります。ぎっくり腰は急に来るイメージですがそうではなく、負担が積もり積もって爆発した際に起こると思ってください。さて本題ですが腰痛のセルフストレッチをご紹介します。

<方法1>

  • 仰向けに寝ていただきます。過度に骨盤帯が前傾していないかをチェックしてください。例えば前傾している人は腰の部分が床から離れてしまいます
  • 両膝を立て体育すわりのように両膝を両手で抱え込みます。
  • 約15秒keepです。その後、足を伸ばし片足ずつ抱え込みます。ゆっくり行いましょう。

<方法2>

  • 1の方法が終わったら次は四つ這いになります。骨盤を前後に倒すストレッチです。
  • 四つ這いの状態から骨盤を前後に倒してみましょう。この時肘は曲がらないようにします。

どちらのストレッチも自宅で簡単に行うことが可能です。そして一人で実施することが出来るので時間を見つけて行ってみてください。

腰痛は全身の筋肉のバランスが悪くなることで起こります。腹筋と背筋のバランスを整えるだけでも大きく予防効果があります。悪い姿勢が続くと筋肉は長さが変わります。高校時代は体が柔らかかった人が運動を辞めて体が硬くなるのは筋肉の柔軟性の低下と短縮が原因です。不思議なことに人間はどんなに年をとっても筋肉はつきますしストレッチをすれば体は柔らかくなります。これまで慢性的な腰痛で悩んでいた方もストレッチを定期的に行うことで腰痛を減らすことは可能です。朝痛い方も起きてすぐにストレッチを取り入れてみてください。5分だけでも効果がわかると思います。

腰痛に悩んでいる方はぜひ実践してみてください!


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

友だち追加

アクセス情報

所在地

〒555-0033
大阪府大阪市西淀川区姫島1-21-11 英光ビル1F

駐車場

姫島駅近辺のタイムズをご利用ください。
駐車サービス券をお渡しします。

休診日

日曜・祝祭日

予約について

当院は完全予約制となっております。
お電話又は公式ラインでご予約下さい。