- Blog記事一覧 - 季節の記事一覧

季節の記事一覧

諦めないで⁉️その膝痛😉

2018.10.15 | Category: 季節,膝痛

当院に来られる人の中には
「季節の変わり目は膝が痛む」と言った声が上がってます。

最近では気候の変化が身体の変化に直結することが広く認知されて
若い人でも天気で膝の痛みが強くなると訴える人が増えました。

以前は膝の痛みは年齢的なものだと言われてましたが、
最近では若い人で以前怪我したことがある人であったり
男性よりも女性の方が膝の痛みを訴えやすい傾向にあります。

原因の一つとして気圧が考えられます。

そもそも膝の関節は関節包と呼ばれる
袋に包まれ、袋を潤滑油が満たしている構造になっています。

天気が崩れ低気圧になりますと身体の中は一定に保つ働きを持ちますので
普通の天気よりも身体の内側から外側に向かって膨らむような力が
全身に働きます。

その際関節包も膨らむような状態になり、
膝の関節が安定しないため、些細な運動で痛みを発するのです。

以前怪我をされた事がある人は
その箇所に負荷がかかるため、
さらに女性の方が男性よりも筋肉や靭帯が細く関節の固定力が弱いため
天気が崩れると膝に痛みに変わります。

さらに天気が悪い日は自律神経の働きが悪くなります。
リラックスさせる副交感神経が優位に立ちやすく
身体を緊張させにくくなります

筋肉が緊張せずに緩んでより関節が安定しにくくなります。

ここまでの説明ですと、
「天気が悪い時の膝の痛みは我慢しかない」と思う人もいるとは思いますが、
そこは当院が何とかいたします。

緩みすぎている筋肉や靭帯には適度な刺激を与え
緊張させる事で身体のバランスを整え
膝にかかる負担を分散させ、
天気が悪くても膝の痛みが出ないように致します。

自律神経の働きも刺激の入れ方で
副交感神経優位から交感神経優位に切り替えることも可能です。

天気が悪い日に立ち寄るだけでなく、
定期的に何度か通院していただくと
天気が悪い日に痛みが出ない膝にする事が可能です。

膝以外にも痛い所がありましたらご相談ください。
不定愁訴(何となく調子が悪い)と言った事でも
ご相談に乗ります。

当院は完全予約制ですので事前予約をお願いします。

意外⁉️血圧と季節の関係性😲

2018.10.09 | Category: 季節

すっかり夏の気配が過ぎ去り、秋の気配が強くなりました。

今までは暑ければ冷やせば良かったのですが、
最近では季節の変わり目となり、
暑い日や寒い日が入り混じるようになりました。

季節の変わり目は天気や気温が変化しやすく、
それに合わせて体調も変化しやすくなります。

季節の変わり目で大きく変化しやすいものの一つが血圧です。

血圧は血液を全身に運ぶ際の血液の圧力ですが、
気温や生活や性格で様々に変化します。

体温調整機能にも血圧は関わります。

体温が上がると内臓の熱を外に出すために
血圧が上がり、全身の血液を循環させて放熱させます。
体温が下がるとそれ以上身体が冷えないように
血圧を下げて血液の循環を抑えたりします。

これらの働きが季節の変わり目ですと安定せず、
血圧の変化による脳梗塞・脳卒中・心筋梗塞等のリスクにさらされ易くなります。

ではどのような事に気をつければよろしいでしょうか?

まず、気温の変化に対応出来るような格好をする事です。
暑ければ脱いで寒ければ一枚羽織る事が出来る格好になる事で
血圧の変化を緩やかにする事が出来ます。

お部屋も事前に自動で温度設定した空調を作動させておく事も大事です。
自動にしておく事で一定温度以下になれば暖房に、
一定温度以上になれば冷房になるようにしておけば
血圧の変化が少ない快適温度で過ごす事が出来ます。

それらが難しい人は当院にご相談下さい。

整骨院で何が出来るの?と思う方も居るとは思いますが、
整骨院で身体の筋肉の固まったところを緩めて
血液の循環を促す事が出来ますし、リラックスすることも出来ます。

筋肉が緊張しているとその分血管を圧迫し、
血圧が上がりやすくなりますし、
老廃物が溜っていると血液循環が悪くなり、
その分血圧を上げて循環させようとします。

食事のバランスも大事ですが、
当院で血液循環のバランスを整えて
血圧の安定化も可能になりますので
気になる人はお気軽にご相談下さい。

当院は完全予約制になっていますので
事前予約お願いします。

友だち追加

アクセス情報

所在地

〒555-0033
大阪府大阪市西淀川区姫島1-21-11 英光ビル1F

駐車場

姫島駅近辺のタイムズをご利用ください。
駐車サービス券をお渡しします。

休診日

日曜・祝祭日

予約について

当院は完全予約制となっております。
お電話又は公式ラインでご予約下さい。