- Blog記事一覧 - 腰痛の記事一覧

腰痛の記事一覧

☆腰痛ベルト☆

2018.04.09 | Category: 腰痛

皆さんは日常生活で腰痛ベルトをされていますか?

当院でも「痛いときにたまに」とか
「無いと困る」って方も多いのですが、
話を聞くと正しく使われている方がそれほど多くないと感じてしまいます。

今回は腰痛の時に役に立つ腰痛ベルトに関してです。

皆さんは腰痛ベルトと聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?

よく力仕事をする方や年配の方がしているイメージがあると思いますが、
間違いではありません。

そもそも腰痛には原因が色々あるのですが、基本的に負担がかかることで痛みが増します。
腰痛ベルトはそこにかかる負担を分散させる事で痛みを緩和させる働きがあるのです。

では腰痛ベルトはどのように使うのが正しいのでしょうか?

まずは自分の痛みの程度を判断し、腰痛ベルトの種類を選びましょう。

痛みが軽い場合は生地が薄くメッシュになっているものだったり
巻くだけのものでも大丈夫です。

痛みが強い場合・生活に支障きたすほどでしたら
固定力が強いものを選びましょう。
場合によっては医師の診断の基、コルセットを着用しましょう。

サイズも大事になります。
サイズが合っていない場合逆効果になる事も多々あります。

腰痛ベルトは基本的に骨盤を締めて腹圧(お腹の中の圧力)を高める事で
背中側の筋肉やインナーマッスルを緊張させて脊椎(背骨の事です)を支えるのが目的です。

なので巻く位置は腰痛ベルトの中心が骨盤の上の方に来るように巻くのが正しい巻き方です。
(太ももの前側からお腹側に沿って触っていくと股関節のあたりで触れる硬いものが骨盤の上側になります)

たまにサイズが合っていなかったりお腹だけで巻く人がいますが
逆に動きが悪くなってしまい、その影響は最終的に腰に来ます。

背中側からお腹の方に骨盤の上側を通るようにしっかりと密着するように巻きましょう。

*ここで注意していただきたいのが、腰痛ベルトは常につけているものではありませんので、
腰に負担がかかる作業をする前につけて、安静に過ごせる時は外していただきたいのです。

お風呂入る前と寝る前だけ外すほどほとんどの時間着用している方はその分筋肉が
腰痛ベルトに頼ってしまいインナーマッスルを含む色んな筋肉が弱ってしまうのです。

腰痛ベルトが着けていると楽だからと言って着け続けていると
筋肉が弱りきってしまうと無いと腰を支えれなくなる危険性があるのです。

腰にかかる負担を減らせば痛みは減りますし、
腰周辺の筋肉をつける事で痛みが無くなる事は多々あります。

腰痛ベルトを使わなくてもいいようにするためには
腰にかかる負担を減らすために自分の姿勢を見直して
腰周辺の筋肉を鍛える正しいトレーニングを行いましょう。

当院では姿勢やトレーニングの指導も行ってますので
お気軽に御連絡下さい。

腰痛の予備軍!?

2018.03.27 | Category: 腰痛

腰痛になる人とならない人の違いとは??

 

  • 腰痛になりやすい体になっていませんか?

腰痛は年寄りや中年の方のイメージがあると思いますがそうではなく誰しも起こりうる疾患です。特に、運動をしていてもなる人はなりますし、インドアな方でも発症することはあります。腰痛になると生活に支障をきたしてしまいます。では腰痛になる原因は何なのか。しっかりした知識を持ち正しく対処する必要があります。

  • あなたの姿勢は大丈夫ですか?

本来あるべき姿勢から逸脱している方は注意です。姿勢が悪くなると筋肉のバランスが悪くなります。例えば腹筋と背筋が5:5の割合であればいいですが、1:9など、どちらかの筋肉だけを鍛えてしまうと腰痛を起こしやすい体になってしまいます。人間の背骨は綺麗なS字のラインを描いていますがこのS字が崩れてしまいます。

普段から猫背だ!と注意を受ける人は意識して改善するようにしましょう!!

  • 腰痛がでてしまったら?

腰痛が出ると動きたくないというのが本音でしょう。ですが無理のない範囲でのストレッチやウォーキングは必要です。腰痛はひどくなるとお尻にも痛みが出ます。そして足の痺れや肩こりなど全身に症状が現れます。そのため日ごろから体を適度に動かすことは大事です。普段仕事でそんなこと出来ないという人も、エレベーターを使わず階段を歩いたりするだけでもいいかと思います。しかし腰が痛くて歩くのが辛い、事務作業がメインだという人もいるでしょう。そんな方でも少しの休憩時間に定期的にストレッチをするだけでも効果はあります。過去のブログに腰痛に対してのストレッチを紹介していますので、是非ご確認してみて実践してみてください!!

普段から工夫してストレッチを私生活に盛り込むだけでも腰痛は抑えることが出来ます。

腰痛は生活習慣に大きく左右されます。また心因性腰痛といってメンタル的に落ちこんなでいると腰痛が長引いたりするという研究データも出ています。今、腰痛が無い人も今後発症しないように腰痛に関する知識をしっかり持っておきましょう。

腰痛のセルフストレッチ

2018.03.24 | Category: 腰痛

温かくなってきました。

毎年この時期は桜の開花が楽しみです。

今日は腰痛のセルフストレッチについて書かせていただきます。

以下の症状でお困りの方はいませんか?

・慢性的な腰痛に悩まされている。

・ずっと同じ姿勢を取っていると腰が痛くなる。

・朝起きた時に腰が重い

腰痛はその人の生活習慣が直結すると言われています。そして慢性的に腰痛が起きている方で、仕事はなんとか行えているという方。我慢して生活している方はそのままの生活を続けると俗にいう“ぎっくり腰”になる可能性があります。ぎっくり腰は急に来るイメージですがそうではなく、負担が積もり積もって爆発した際に起こると思ってください。さて本題ですが腰痛のセルフストレッチをご紹介します。

<方法1>

  • 仰向けに寝ていただきます。過度に骨盤帯が前傾していないかをチェックしてください。例えば前傾している人は腰の部分が床から離れてしまいます
  • 両膝を立て体育すわりのように両膝を両手で抱え込みます。
  • 約15秒keepです。その後、足を伸ばし片足ずつ抱え込みます。ゆっくり行いましょう。

<方法2>

  • 1の方法が終わったら次は四つ這いになります。骨盤を前後に倒すストレッチです。
  • 四つ這いの状態から骨盤を前後に倒してみましょう。この時肘は曲がらないようにします。

どちらのストレッチも自宅で簡単に行うことが可能です。そして一人で実施することが出来るので時間を見つけて行ってみてください。

腰痛は全身の筋肉のバランスが悪くなることで起こります。腹筋と背筋のバランスを整えるだけでも大きく予防効果があります。悪い姿勢が続くと筋肉は長さが変わります。高校時代は体が柔らかかった人が運動を辞めて体が硬くなるのは筋肉の柔軟性の低下と短縮が原因です。不思議なことに人間はどんなに年をとっても筋肉はつきますしストレッチをすれば体は柔らかくなります。これまで慢性的な腰痛で悩んでいた方もストレッチを定期的に行うことで腰痛を減らすことは可能です。朝痛い方も起きてすぐにストレッチを取り入れてみてください。5分だけでも効果がわかると思います。

腰痛に悩んでいる方はぜひ実践してみてください!

急な腰痛の対処法

2018.03.20 | Category: 腰痛

今週は雨スタートの週明けですね。

腰痛を自分で何とかしたい!

そう思う方はきっと多いはず。

当院でも問い合わせが多い案件でもあります。

「出来れば自分で何とかしたい」と思う前に当院に来ていただければいいのですが、

遠方であったり、

休みが中々取れなかったりと自分の時間が無い方は

まずは痛みの程度と時期から逆算して

セルフケアを視野に入れてみてください。

ただし、悪化の危険があるのでやりすぎに注意してください。

まずは原因から探ります。

1・急に痛くなった

朝起きた時や何かの作業中に痛くなった場合は急性腰痛と呼ばれ、
急激な運動により筋肉の軟部組織が損傷した時等に痛みが発生します。

筋肉やその周辺の組織が損傷しているので、
患部に炎症が起きます。

痛みがある部分が熱を持っていたり、
損傷しているので動かさなくても・じっとしていても痛いことが多いです。

まずは初期対応としてアイシング(冷却)と安静です。

冷やして熱を取り、動かさない事で悪化を防ぎます。
長時間冷やす必要もありませんのである程度冷やして安静に。

冷やす際は冷やしすぎに注意してください。

冷却スプレーは表面を冷やしすぎるので(中まで冷えない)
オススメはしません。

ある程度冷えたら痛みも治まっているはずなので
その後は症状に合わせてケアを行います。

この段階では運動・お風呂は厳禁です。

2・徐々に痛くなってきた

何かあったわけでは無いのに痛みが出てきた方は
身体の使いかたが考えられます。

不自然な姿勢や仕事柄強制される姿勢(デスクワーク等)で
身体の一部に負担がかかりすぎて負担に耐え切れず痛みになっている場合があります。

その際は身体の負担を減らすように姿勢調整を行う事をオススメします。

曲げると痛いのか伸ばすと痛いのかで変わります。

曲げると痛い時はしっかりと伸ばし、
伸ばすと痛い時は曲げることで拮抗筋(反対側の筋肉)を緩めてバランスが調整されます。

これは前後だけの調整で簡略的な方法です。

人間は上下前後左右にバランスを崩し、
捻れ等も発生しますのでこれ以外にも必要な事はありますが、
腰の両方が同じくらい痛む場合はこの方法を試してみてください。

腰痛による身体のサイン

2018.03.17 | Category: 腰痛

三寒四温とは言いますが、今週も寒さがまた少し戻ってきました。

寒暖差があると身体に負担がかかることが多くなります。

今回も腰痛についての話です。

ウォーキングをされている方、もしくは運動を定期的に行っている方でも腰痛を発症する事があります。

よく腰痛を発症すると「運動不足だから」と言われがちです。

果たして本当にそうだと思いますか?

実際に、定期的にジムで運動をしている方でも腰痛で治療を受けに来る方はいらっしゃいます。

運動をしているから、痩せているから腰痛とは無縁というわけでもないようです。

腰痛を発症する方は体のサインに気づかない事が多いです。

そのサインにしっかり気づくことが必要です。

運動後の体の変化を確認することで限りなく腰痛を減らすことが出来ます。

今日はそんなメンテナンスのポイントを説明します。

体の左右の手足のバランスを確認する

靴の裏のすり減り具合やまっすぐ立った時の膝、肩の高さの位置を確認します。

まっすぐ立っているようで実はどちらかの足に体重が乗りすぎていたりします。

その人の運動種目によっても変わってきます。

例えば野球を小さい頃から高校までしていた人は利き腕が少し長くなったりします。

人の体は左右のバランスが取れていないとバランスを取ろうとします。

例えば右に体が傾けば左の腰部に力が入ります。

それが続くと左の腰痛が出てきます。

セルフトレーニングの方法

壁に背をつけた状態で手を頭の上で合わせること(合掌)が出来ますか?

 

 

腰痛がある方は肩甲骨回りも硬くなることがあります。

腰が痛いから腰を伸ばすのではなく体全体の調整が必要です。

<トレーニング前のストレッチ>

仰向けになり右を向きます。

両手は右側に伸ばし両足は左側へ伸ばします。

大事なポイントは深呼吸をしながらゆっくり行ってください。

10秒~15秒伸ばしたら顔は左に向き直し、両手は左側に伸ばし両足は右側へ伸ばします。

これを左右5回ほどを目安に行います。

友だち追加

アクセス情報

所在地

〒555-0033
大阪府大阪市西淀川区姫島1-21-11 英光ビル1F

駐車場

姫島駅近辺のタイムズをご利用ください。
駐車サービス券をお渡しします。

休診日

日曜・祝祭日

予約について

当院は完全予約制となっております。
お電話又は公式ラインでご予約下さい。