- Blog記事一覧 - 腰痛の記事一覧

腰痛の記事一覧

低温火傷と腰痛

2018.02.19 | Category: 腰痛

寒さが本格化して来ていますが、

寒さに負けず院内ではいつでも寒さ・腰痛対策を行ってます。

腰痛は毎年日本人の男女ともに悩みの上位にきます。

国民病と言っても過言ではない腰痛ですが、

腰痛は腰を冷やす事で発生しやすくなります。

単純に「腰をを冷やすと腰痛になりやすい」なら

「腰を温めると腰痛になりにくい」と思ってカイロを貼っている方は、

貼り方等で発生する低温火傷に注意してください。

低温火傷はこの時期に増え、

瞬間的には火傷になりにくい温度を長時間身体に当て続ける事で熱が蓄積し続け、

身体の深部で高温になり火傷を発生するものです。

身体の深部で発生するので、

通常の表面だけの火傷よりも程度としては重症になりがちです。

カイロを肌に直接貼ったり、

何個も密集させて貼ると高温になり危険です。

貼っている周辺は高温になっても

熱くて触れない温度まで上がるわけではないので、

朝から仕事が終わるまで貼っている人もいますが、

長時間使用する際は注意してください。

適度に身体から離したり、

一度貼る位置を変えてみたりして低温火傷を予防しましょう。

またカイロ以外でも低温火傷は発生します

バスや電車等の公共交通機関の暖房等に長時間身体を密着させてたがために

低温火傷を起こしたケースもあります。

低温火傷の危険性を考え

身体が冷えるならばすぐにカイロに頼らずに身体を適度に動かして、

cure式整体身体の調子を良くして循環を良くすることで

カイロ要らずの身体にしましょう。

cure式整体で姿勢が良くなれば血液循環が良くなります。

血液の循環が良くなれば冷え難い身体になるだけでは無く、

免疫力も高まりますので、風邪を引きやすい今、

cure式整体風邪予防してみてはいかがでしょうか。

当院は完全予約制ですので、

痛みが出てから御来院されてもお待ちいただく場合もございます。

痛みが出る前に

身体に違和感を覚えた場合すぐにご相談ください。

カイロに頼り続けるのではなく、

今回の冬は自分の力で何とかできるようにしませんか?

当院が全力でお手伝いいたします。

冷えが腰に来るわけ

2017.12.11 | Category: 腰痛

最近急に寒くなってきましたね。

寒くなると急性腰痛の発生率が上がります。
海外では「魔女の一撃」と呼ばれる
いわゆる「ギックリ」になる人が増えます。

原因は多々ございますが、
寒さで筋肉が冷えて固くなりますし、
夏場よりも身体の動きも少なくなり、
ガチガチに固まった筋肉を急に動かそうとするために筋肉が悲鳴を上げます。

寝起きに発生する事も多い「ギックリ」です。
人間は寝ている間は身体を休めるために体温を下げます。
体温が下がれば筋肉も冷えます。
気温も低いので余計冷えて固まります。
動きも寝返りくらいですので、筋肉を動かしませんから固まります。
ガチガチに固まった朝に急に布団から起きあがる時「ギックリ」となるのです。

予防法としてですが、
この時期は寝起きはまずはすぐに起き上がらないで布団の中でゆっくり身体が温まるのを待ちます。
次に布団の中で手足をブラブラ動かして
流れがゆっくりだった全身の血液を循環させながら、
ゆっくり身体を動かして筋肉が動くようにしていきます。
それから布団から出るように起き上がる事でギックリにならないように起きることが出来るのです。

「そこまで必要なの?」と思われますが、
人間の身体は複雑ですのでそこまでしてもなる人はなります。

人によっては洗濯物のタオルを拾おうとしてなる人もいます。

身体を温める事も大事ですが、
この時期の基本は冷やさない事です。

寝る前は薄着にならないようにしてお風呂にゆっくり浸かってください。
シャワーよりも湯船の方が温まります。
温まったならば早めに布団に入ってください。
温まった後に長時間ダラダラしていますと、
折角温まったのに身体が冷えてしまいます。
まずは温めて冷やさないように心がけてください。

それでも心配な場合は当院のcure式整体で姿勢を整え
腰への負担を減らしてみてください。

日常生活において腰にかかる負担が少なくなれば
腰の筋肉にかかる負担も減りますので、
その分「ギックリ」から離れます。

気になった方はまずはお気軽にご相談ください。

院内を温めてお待ちしております。

腰痛と姿勢の深い関係

2017.12.06 | Category: 腰痛

はじめまして。鍼灸・ボディ&フェイスセラピースペースcure 院長の熊谷です!!

当院は、腰痛に特化した腰痛専門院ですので腰痛治療はお任せ下さい!

では、腰痛についていくつかご紹介いたします。

皆さんは腰痛と聞いてどんな事を思い浮かべるでしょうか?

「痛い」や「動かない」等様々な思いがあるとは思いますが、
そもそも腰痛とはどんなものかわかっていない方も多いと思います。

「歳のせいでしょ?」と思っている方もいると思いますが、
最近では小学生の腰痛も報告されているほど年齢を問わず多くの方が
悩まされているものです。

今や年齢のせいとは言い切れない腰痛ですが、
そもそも何となくわかっていても何なのかをご存知の方は意外と少ないものです。
簡単に説明させていただきますと、
腰痛とは一般的に腰周辺の痛みの事で、

ふとした時に急にくる(急性)いわゆる「ギックリ腰」や
日常的にジワジワくる・いつもある(慢性)腰痛にわけられます。

腰痛の原因は多々ございますが、
主に日常生活において身体の中心にある腰にかかる負担が
大きくなって起こるものがほとんどです。

中にはストレスで神経が痛みを誤認してしまうケースもございますが、
あまりよろしくない姿勢を長時間強要されてしまう現代ですので、
姿勢によって腰への負担が大きくなって発生するものがほとんどです。

昔に比べて外で遊ぶ事が少なくなったお子さんや
学生時代よりも身体を動かす事が少なくなった方、
普段はデスクワークしてますと言う方やゲームスマホでほとんど下をみている事が多い方は
今一度姿勢を見直してみてはいかがでしょうか?

当院では姿勢に重点を置いたcure式整体
姿勢を整える事も行っております。

ただ痛いところを揉んだり押したりしても湿布を貼っても
原因に対しての施術にはなりません。
むしろ悪化したり慢性化する事が多く、
色々なものを失ってしまいます。

急性から慢性に移行する人も多く、慢性に移行すると一生ものになる事も。
急になったらすぐに対処すればほとんどの方が再発しなくて済みます。
慢性になった人も対処次第で良くなります。

 

当院では、、、

 

なる前に整える。

なったらすぐ対処する。

なってしばらく経っていても諦めない。

普段からそんな事を考え、
それを可能にするスタッフがお待ちしております。

まずはお気軽にご相談ください。

 

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

友だち追加

アクセス情報

所在地

〒555-0033
大阪府大阪市西淀川区姫島1-21-11 英光ビル1F

駐車場

姫島駅近辺のタイムズをご利用ください。
駐車サービス券をお渡しします。

休診日

日曜・祝祭日

予約について

当院は完全予約制となっております。
お電話又は公式ラインでご予約下さい。