自律神経について➀

こんにちは!
大阪市西淀川区にある

鍼灸整体院cureの堀江です。


最近ではテレビや雑誌でよく目にしますよね、『自律神経』。
わかっているつもりでも、実際どんな働きをしていて、どんな症状が自律神経によるものなのか?
今さら聞けない自律神経について、お話ししていきます。

体性神経と自律神経
まず、私たちの身体には、自分の意志で働く神経「体性神経」と、自分の意志では働かせることのできない神経「自律神経」があります。
体性神経は、熱い、痛いなどの感覚を脳に伝えたり、脳の指令で身体を動かしたりする作用をします。
今、私がパソコンのキーボードを打ち込んでいるのも、体性神経により指が動いている状態です。
一方自律神経は、内臓や血管、瞳孔や汗腺などの働きを支配しています。
「心臓を動かそう!」とか、「お昼ご飯を消化しよう!」と意識している人はいないですよね?自律神経は、このような心臓の動きや血圧、消化、体温調節など、生きる上で最も重要な体内の機能をコントロールしています。

交感神経と副交感神経
人間が生きる上で重要な自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の2つに分けられます。
この2つは対照的な働きをしていて、ほとんどの器官は2つの神経が同時に働くことで維持されています。
運動をしている時やお仕事中などは交感神経が活発になり副交感神経が低下することで心身が緊張して活動的になり、夜寝るときには交感神経は鎮まり副交感神経が活発になることでリラックスして眠ることができます。私たちが健康で快適に過ごせるのは、交感神経と副交感神経がバランスよく働いてこそのものだったのです。

《主な働き》

交感神経               副交感神経

・呼吸が速くなる           ・呼吸が遅くなる
・心拍数が上がる          ・心拍数低下
・血管収縮              ・血管拡張
・血圧上昇              ・血圧低下
・胃腸機能低下           ・胃腸機能活発
・膀胱拡張              ・膀胱収縮
・子宮収縮              ・子宮拡張

この交感神経と副交感神経、どちらが欠けても不調が現れます。つまりはバランスが大事。
バランスが崩れる大きな要因として、ストレスが挙げられます。
仕事や人間関係などでの緊張や不安、イライラなどの精神的なものの他にも、気温や気候などの急激な変化は身体的ストレスになります。

また、自律神経を支配している脳の視床下部は、女性ホルモンの分泌もコントロールしています。これにより、自律神経症状は女性に現れやすいと言われているんです。

おわりに
自律神経の大まかなお話はここまでです。
次回はどんな症状が出るかについてお話ししますね(^^)/


鍼灸・ボディ&フェイスセラピースペースcure

大阪市西淀川区姫島1-21-11英光ビル1F

06-6472-0007


2015年12月05日