脊柱菅狭窄症

こんな悩みでお困りではありませんか?

  • 腰が痛いだけでなく、お尻や足がしびれて辛い
  • 足のしびれが続き、日常生活が辛い
  • 脊柱菅狭窄症と診断され、治療を受けているがなかなか症状がよくならない
  • しばらく歩くと足のしびれが強くなり、休憩すると治まる
  • お尻のいたみがひどく、日常生活に支障をきたしている

このようなお悩みでお困りのあなたはぜひ当院にご来院ください。

当院には、脊柱菅狭窄症でお悩みの方が数多くご来院され、改善に導いています。

脊柱菅狭窄症は、ひどくなると少し歩くのも思うようにできないくらい痛みやしびれが出る、つらい症状です。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

「脊柱菅狭窄症」ってどんなもの?

腰椎

脊柱菅狭窄症とは、背骨の中心にある脊柱管(神経を束ねているトンネルのような部分)が加齢による椎間板が潰れたり、腰椎(椎骨)が突出したりすることで、

  • お尻や足のしびれ・痛み
  • 間欠跛行(しばらく歩くと痛みが出て、 少し休むと痛みが治まる)
  • 下肢の筋力低下

などの症状が出ることがほとんどです。

施術を受けたお客様からお喜びの声が届いています。

中村さん

お客様写真

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

一般的な「脊柱管狭窄症」の対処法は?

注射

一般的に脊柱菅狭窄症と診断されると、

  • 電気療法
  • 神経ブロック
  • 服薬
  • コルセット
  • ストレッチ
  • 牽引

などの対処をしたのち、それでも良くならない場合は手術を勧められます。

しかし、当院に来られた方の中には、
「注射をしてもらったらマシにはなるが、注射をし続けるのは怖い‥」
「整形外科で処置を続けていたのに効果がなかった‥」
「手術を進められたが、手術はせず改善させたい‥」
と脊柱菅狭窄症にお悩みの方が大勢いらっしゃいました。

多くの方に喜ばれている当院の「脊柱菅狭窄症」へのアプローチとは!?

体の歪み

当院では、坐骨神経痛の原因を骨盤の後傾(後ろに傾く)であると考えています。

猫背、足を組む、歩き方が悪いなど、体の使い方の癖

股関節が固くなる

骨盤が後傾(猫背の姿勢)する

という流れになるので、骨盤についている筋肉や背骨に負担がかかり、その状態が長く続くことで脊柱菅狭窄症の原因になるのです。

そこで、

  1. 骨盤矯正
  2. 腹圧調整
  3. 日常生活の改善
  4. 筋トレ
  5. ストレッチ

を行い、骨盤や背骨・筋肉を正しい位置に戻したり、体の使い方を矯正していきます。

また、骨盤のみでなく、骨盤の前面にある腹圧(お腹の圧力)を調整やケア、あなたにあった生活習慣の改善をすることで、姿勢が整い、脊柱菅狭窄症の症状を早期改善・再発防止に導くことができるのです。

スッキリ

脊柱菅狭窄症は、ひどくなると数分歩いただけでも足やお尻がしびれ、休憩しないと歩けないほどの強い痛みがでることもある症状です。

もしあなたがそんな脊柱菅狭窄症でお悩みでしたらお気軽に当院にご相談ください。

きっとお力になれるはずです。

院長 熊谷 光隆
1985年3月生まれ 尼崎出身
柔道整復師免許取得
現在フットサル・サッカーチームトレーナー
元野球チームトレーナー
カイロプラクティスセミナー 修了
学生時代より福島整骨院勤務→当院で現在院長として勤務 在籍11年目
得意疾患 急性腰痛・慢性腰痛
幼少期から体を動かすのが非常に好きで、野球やサッカーをして日が暮れるまで校庭で遊び
回っている活発な子供でした。
小学校4年生の時から野球を習い始め中学生まで毎日練習に汗をながしていました。
そんな私が整骨院の先生を目指すきっかけになったのが、中学生時代に
球技大会の練習中に足首を捻ったことです。
その時の治療による回復の早さは私の予想をはるかに上回り感動した感覚は今でも
覚えています。
その後高校に入学したと同時に地域の草野球チームに入りました。
皆、私より年齢が上の方ばかりで、ほとんどの人が何か痛みを抱えながらプレーしていました。
その時に頻繁に耳にしたのが
「全力でプレーできない」 「再発が怖い」 「大きな怪我をして一生プレーできなくなったらどうしよう」
 と言う不安の声でした。
その時以前自分が治療してもらったことを思い出し、
「こんな怪我に悩んでいる人々のために自分が何かできないか?」
と考えるようになり、自分が治療してもらったときの感動を
体験してもらいたいと思いこの業界を目指しました。
その思いから高校卒業後、すぐに柔道整復師の資格を目指す専門学校に入学し、整骨院に
勤めながら勉強する毎日でした。
勉強と勤労の両立は予想以上に大変なもので、慣れない生活に苦労しました。
しかし、高い向上心をもつ同級生にも恵まれ切磋琢磨してなんとか柔道整復師の国家資格を
取得することができました。
やっと先輩方と同じステージに立つことができたと思っていましたが、
中々治療家としての結果がでませんでした。
このままではダメだと思い、カイロプラクティスのセミナーに行き、自分の治療の武器を
増やせるように必死に勉強しました。
その成果がだんだん身を結ぶようになり、患者様から喜びや感謝の声を頂けるまで成長
しました。
私はこの院では11年目になりますが、未熟だった自分をご指導くださった先輩方、
患者様には深く感謝しております。
そして、現在私が院長として目指しているのが、
目配り気配り心配りを大切にし、「患者様の気持ちに寄り添える院」
そんな思いやり溢れる院でありたい、と思っております。
患者様の些細な表情や仕草から、身体だけではなく気持ちの変化まで気付ける。
だからこそ多くの方に信頼頂き当院を選んで頂けているのだと思っております。
まだまだ今後も多くの患者様を幸せにできるように院として地域と共に成長していきたいです。

治療に対する想い

私がこの仕事を選んだ理由は、

学生時代に怪我をした際に親身になって治療して頂いた、整骨院の先生に憧れるようになり

「先生のような人の為になる仕事」に就きたいと言う想いからこの世界に入りました。

過去に別の整骨院で修行し、よりよい施術・多くの患者様を助けたいと言う想いが更に強くなったため、

歴史と伝統あるこちらの院でお世話になりはじめました。

現在は在籍11年目に突入し、6万人を超える患者様を治療してきました。

長年治療にあたる中での想いを理念としてまとめています

 患者様の痛みだけでなく不安も取り除き

 思い描いた通りの人生へ導く手助けをすることで患者様が幸せを手に入れ

 患者様に関わる全ての人を笑顔にする

 そんな笑顔と幸せ溢れる院を創造していく

患者様を想う強い気持ちこそが、治療への効果・患者様の健康へと繋がると確信しており

当院ではこの理念を掲げ、スタッフ全員が1つの想いを持ちながら全力で日々患者様と向き合っております。

 今でも当初の憧れでもある、「人の為になりたい」という思いは変わらずに持っているため、

1人でも多くの笑顔が見たいという気持ちで常に施術にあたっています。

治療後の患者様の笑顔であったり良い報告というのは凄く嬉しいことですし、やりがいにも感じます。

「どこに行っても治らなかった」

「今の身体の丁寧な説明はうけなかった」

「手術しかないといわれた」

「病院にいっても注射され薬を処方されたが痛みは変わらなかった」

と言われて来院される患者様を見ると非常に悔しく感じます。

今の痛みが和らぐだけではなく、再発しにくい根本的な治療を行うことで

患者様の一時的な笑顔ではなく長く続く笑顔がみれると考えています。

今痛みで失っている笑顔があれば一度僕に相談下さい。

きっと何かの手助けは出来るはずです。

一緒に笑顔になりましょう!!!!

  1. お身体の詳しい状態の説明、明確な治療プランの提案がある
  2. 慰安ではなく根本的に症状を改善する為の施術である
  3. 子供から高齢者まで受けられる(ボキボキはしない)
  4. 完全予約制なので待ち時間は0分、カーテン・完全個室も完備
  5. 全てのスタッフが国家資格保持者である(柔道整復師免許、鍼灸師免許)